周知表示混同惹起行為について簡単に紹介します

前回は、知的財産について保護を受ける方法には、特許制度、意匠制度、商標制度などの他に、不正競争防止法による保護があることを紹介いたしました。 また、不正競争防止法は、事業者の営業上の利益を保護し、公正 … “周知表示混同惹起行為について簡単に紹介します” の続きを読む

不正競争防止法による知的財産の保護

人間が頭の中で考え出した情報であって、それを使用・利用することで財産的な価値が生み出されるものである知的財産について保護を受ける方法として、特許制度、意匠制度、商標制度などがあることを紹介しました。 … “不正競争防止法による知的財産の保護” の続きを読む

特許出願せず、営業秘密で保護を図る場合の取組みとは?

前回は「特許出願での保護、営業秘密での保護(1)」として、発明発掘・発明創作活動によって発掘・創作した発明を、特許出願によって保護するか、あるいは特許出願せず、営業秘密や、先使用権(特許法第79条)な … “特許出願せず、営業秘密で保護を図る場合の取組みとは?” の続きを読む

特許出願による発明の保護、営業秘密としての発明の保護

会社内で行う発明発掘・発明創作活動、その過程での特許調査についてこれまで説明してきました。 今回は、発掘・創作した発明を、特許出願によって保護するか、あるいは特許出願せず、営業秘密や、先使用権(特許法 … “特許出願による発明の保護、営業秘密としての発明の保護” の続きを読む

弁理士を主人公とした漫画「閃きの番人」を公開(日本弁理士会)

日本弁理士会は、弁理士を主人公とした漫画「閃きの番人」を公開しています。クライアントの知的財産に関する様々なトラブルを弁理士が解決していくストーリーです。 弁理士及び弁理士の業務内容を社会人だけでなく … “弁理士を主人公とした漫画「閃きの番人」を公開(日本弁理士会)” の続きを読む

情報漏洩・持出しに対する3つの対策

情報漏洩・持出しに関するセミナーを受講してきました。本セミナーは、競合他社への人材流出による漏洩に関するものです。典型的な事例は以下の通りです。従業員の転職先は同業種であることが多いそうです。 《定型 … “情報漏洩・持出しに対する3つの対策” の続きを読む