2018年3月12日〜追加・改善された特許・実用新案の検索機能(J-PlatPat)

特許庁は、特許・実用新案・意匠・商標の公報等を無料で検索・照会できるデータベース“特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)”に新機能を追加しました。

今回、J-PlatPatのデータベースを大幅に充実させるとともに、検索機能を特許審査システムと共通化することで、審査官が用いる検索機能が利用できるようになりました。これにより正確で効率的な先行技術調査が可能となりました。
「特許分類とキーワードを掛け合わせた検索」「近傍検索」「外国特許公報(米国・欧州・国際出願)の英文テキスト検索」の3つの新機能を追加したほか、「国内の公開特許公報等のテキスト検索が可能な期間の拡大」「検索結果表示件数の上限拡大」といった機能改善が図られています。
追加・改善された機能の主なものは以下のとおりです。

1.サービスの統合

統合されたサービス
・「特許・実用新案テキスト検索」サービス
・「特許・実用新案分類検索」サービス
・「コンピュータソフトウェアデータベース(CSDB)検索」
これまで、別々のサービスであった「特許・実用新案テキスト検索」サービス、「特許・実用新案分類検索」サービスおよび、「コンピュータソフトウェアデータベース(CSDB)検索」サービスが統合され、「特許・実用新案検索」となりました。それに伴い、キーワードと最新の分類を掛け合わせた検索や、非特許文献との同時検索が可能となりました。
関連記事「発明発掘の過程で同時並行的に行うとより効果的である特許調査」はこちら

2.近傍検索機能の追加

キーワード間の文字数(英文の場合は単語数)の上限を指定して検索する近傍検索機能が追加されました。
関連記事「J-PlatPat 近傍検索機能を使ってみました」はこちら

3.外国公報(米国・欧州・国際出願)の英語テキスト検索機能追加

これまでの「特許・実用新案テキスト検索」サービスでは、日本語でのみテキスト検索が可能でしたが、新たに英語でのテキスト検索が可能となりました。

4.国内の公開特許公報等のテキスト検索が可能な年範囲の拡大

これまでの「特許・実用新案テキスト検索」サービスでは、テキスト検索の対象年範囲が公報の電子化以降となっておりましたが、新たに電子化以前の公報も、OCR等で作成されたテキストが検索対象となりました。

5.検索結果表示件数の上限拡大

これまでのサービスでは、検索表示件数の上限が1000件でしたが、国内、外国、非特許文献各3000件まで拡大されました。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL : 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:00