特許出願審査請求料を低く抑えたい方へ

特許を取得するためには出願審査請求をする必要があります。特許出願をしただけでは、方式審査がなされるのみで実体審査には進まず、特許を取得することはできないのです。特許制度では特許出願とは別に出願審査の請求を特許庁長官にすることで実体審査が開始される制度となっています。これを出願審査請求制度といいます。

つまり特許の取得には出願審査の請求という手続がさらに必要となっています。出願審査請求は、出願と同時にもできますが、出願日から3年の期間内に行うことができます。例えば事業化の状況やコンペチターの動向をウォッチしながら、出願審査請求をするか否か、決めることができます。また、出願審査請求をするか否かの判断のための先行技術調査をしてから判断することもできます。出願審査請求や先行技術調査について、お悩みの方は、下記の問い合わせフォームからお問い合わせください。

特許出願の日から1年6月経過後に特許出願の内容が特許庁長官によって公開されます。これを出願公開制度といいます。特許出願の日から1年6月間は出願の内容が公開されず秘密状態になっています。

特許出願について:自社の技術をオープン戦略で利活用したい方へに戻る

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30