出願後、特許庁との間で行われる各種手続をご依頼される方へ

特許中間処理(出願後、権利化に向けて特許庁との間で行われる各種手続)をご依頼される方へ

出願審査の請求をすると特許庁で実体審査が行われ、特許の要件(たとえば産業上の利用可能性・新規性・進歩性など)を満たした出願について、特許査定がなされます。

他方、特許の要件を満たしていないものについては拒絶・無効とされます。
特許出願について拒絶の理由が発見されたときは拒絶の理由が通知されます。審査結果は、原則としてemailにて通知いたします。お知らせする期限日までに弁理士報酬額をお支払いください。

拒絶の理由が通知された場合の手続でお困りのときは、下記「いますぐ問い合わせる」からお問合せください。
特許出願について:自社の技術をオープン戦略で利活用したい方へに戻る

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30