特許について:自社の技術をオープン戦略で利活用したい方へ

このようにしてあなたの権利を守ります

アイデアを開示する前、真っ先に特許出願をしましょう。出願を怠った場合、模倣されたり、同一の技術内容について他人が先に権利を取得し、あなたはその発明を実施できなくなることがあるからです。

  • 中小企業に優しい成功報酬額制料金体系
  • 知財相談付
  • 全コースに出願前の簡易先行技術文献調査付
  • 発明発掘・出願審査請求前調査付きコース
  • 外国出願補助金支援付き国際対応コース

提供サービス一覧

出願優先コース 調査付きコース 国際対応コース
必要費用 240,000
(税抜)
384,800
(税抜)
537,800
(税抜)

出願から特許まで、全てお任せください

今すぐ、お申し付けください。担当者から連絡させていただきます。ご不明な点・ご質問につきましては、遠慮なくお問合せください。

費用についてのご案内

ご依頼になる前に、弁理士報酬説明書をご確認ください。

開発した物品について特許権と意匠権との両方で保護できますか

特許出願を依頼される方へ

まず、コンフリクトチェックを行いますので、お問い合わせください。コンフリクトチェックを通過後、ご面談となります。ご面談時に詳細な費用をお見積もりいたします。お見積もりにご納得いただいた上で、ご依頼ください。この… “特許出願を依頼される方へ” の続きを読む

出願審査請求を依頼される方へ

特許を取得するためには出願審査請求をする必要があります。特許出願をしただけでは、方式審査がなされるのみで実体審査には進まず、特許を取得することはできないのです。特許制度では特許出願とは別に出願審査の請求を特許庁… “出願審査請求を依頼される方へ” の続きを読む

中間処理を依頼される方へ

出願審査の請求をすると特許庁で実体審査が行われ、特許の要件(たとえば産業上の利用可能性・新規性・進歩性など)を満たした出願について、特許査定がなされます。他方、特許の要件を満たしていないものについては拒絶・無効と… “中間処理を依頼される方へ” の続きを読む

特許料納付を依頼される方へ

特許出願について特許査定がなされた場合には、所定期間内に特許料(3年分)を納付することにより、特許登録原簿に登録されて特許権が成立します。入金を確認でき次第、特許料の納付を行います。特許権が成立すると、後日、特許… “特許料納付を依頼される方へ” の続きを読む

維持管理を依頼される方へ

出願の代理業務は、権利の設定登録によって終了いたします。特許後の維持管理について、ご希望の場合は、ご依頼ください。期限を管理し、年金納付に関するお知らせをご連絡申し上げます。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30

よくあるご質問