知的財産の課題解決をお手伝いします

貴社の求めに応じ、特許、実用新案、意匠若しくは商標又は国際出願、意匠に係る国際登録出願若しくは商標に係る国際登録出願に関する出願事件、異議事件、審判事件、裁定事件、訴訟事件その他の事務を行います。

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • 自社の知的財産に係る商品・サービスを模倣された
  • 自社の知的財産について他人に先に権利を取得された
  • 自社の知的財産に係る商品・サービスを使えなくなりそうだ

貴社のこのようなお悩みを、下記のような方法により、当事務所は解消いたします。

出願事件

特許 実用新案 意匠 商標 PCT国際出願 商標に係る国際登録出願 意匠に係る国際登録出願 出願事件

特許、実用新案、意匠、商標、PCT国際出願、意匠に係る国際登録出願、商標に係る国際登録出願はお任せください。

中間事件

出願後の特許庁からの拒絶理由通知(出願を拒絶するための審査結果通知)などに対し、専門的な検討を行い、その拒絶理由通知などが解消おするように適切な手続をとります。

異議事件

登録要件を欠く発明や商標が特許や登録されたとき、その特許や登録に対して貴社を代理して登録異議の申立を行います。

また、貴社の発明や商標が特許や登録を受けたとき、異議の申立を受けることがあります。このような場合、申立の理由を詳細に検討し、手続可能な機会に必要な手続きを行います。

審判事件

貴社の依頼を受けて、その状況を適切に判断し、それぞれに状況に応じた審判の請求を行います。

  • 拒絶理由が解消しないとして出願が拒絶された場合でこの拒絶処分を不服とするとき
  • 他人の産業財産権がその要件を欠くもので権利を無効する必要が生じたとき
  • 貴社の産業財産権の一部に軽度の不備があってこれを訂正したいとき
  • 他人の産業財産権に関する権利を取り消す必要が生じたとき

また、貴社の権利に対して審判が請求されたときにも必要な手続を行います。

仲裁・和解事件

  • 貴社に代わって、裁判外で、特許権、実用新案権、意匠権もしくは商標権又はJPドメイン名について、日本知的財産仲裁センター(旧工業所有権仲裁センター)が行う裁判外紛争解決手続をします。
  • 貴社に代わって、裁判外で、回路配置利用権または特定不正競争に関する裁判外紛争解決の手続代理をします。

訴訟事件

貴社の代理人として訴訟を裁判所に提起します。

  • 審判の審決に不服なとき

また、一定要件のもとで弁護士と共同で貴社の訴訟代理人として、または記者や代理人の補佐人として訴訟を有利に展開させます。

  • 権利侵害の訴訟を起こすとき
  • 権利侵害の訴訟を起こされたとき

輸出入差止め

特許権、実用新案権、意匠権、商標権などを侵害する物品について、関税法に規定された認定手続並びに認定手続を執るべきことの申立及び申立に関する手続において、権利者の代理のみならず輸入者及び輸出者の代理も行います。

契約の締結等事件

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置件もしくは著作物に関する権利もしくは技術上の秘密の売買契約などの締結を貴社に変わって行ったり、媒介や相談に応じます。

その他の事件

特許権、実用新案権、意匠権、商標権またはこれらの実施権についての登録、移転、変更などの適切な手続をとります。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL : 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:00

費用

ご依頼になる前に、弁理士報酬説明書をご確認ください。

よくあるご質問

おすすめ