商標登録出願の分割要件強化(改正商標法)について知りたい

Q: 改正商標法が2018年(平成30年)6月9日に施行され、商標登録出願の分割要件が強化されたと聞きました。
商標登録出願の分割要件の強化(改正商標法)について、教えてください。

A: 商標の分割出願とは、一つの出願の指定商品群を分けて複数の出願に分割できる制度です。分割した出願(子出願)の出願日は「もとの出願」(親出願)と同じ日として扱われます。
本改正により、「もとの出願」が手数料未納により却下されたときは、分割出願の出願日は、「もとの出願」の出願日には遡及しないこととなりました。

これまでは、商標登録出願の分割を行う場合、新たな出願(子出願)の出願日が、「もとの出願」(親出願)の日に遡及するという効果が生じ、出願人は親出願の日から先願の地位を確保できました。
そして、一部の出願人から他人の商標の先取りとなるような商標登録出願が大量に行われており、しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵ある出願となっていることが問題となっていました。

しかし、分割出願をしようとする者が、親出願の出願手数料の納付義務を果たしていない場合にもそれ(新たな出願(子出願)の出願日が、「もとの出願」(親出願)の日に遡及するという効果)を認めることは適切ではない、と判断されました。

そこで改正法では、親出願の出願手数料を納付したものに限り、分割出願について、出願日の遡及という効果を与えることとしました。これにより、分割出願があっても、後に出された出願を従来より早く登録することが可能となります。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30

                       

こんなご質問も寄せられています

おすすめサービス