国際公表後、設定登録前の我が国での意匠の模倣を何とかしたい

国際公表後、国際意匠登録出願に係る意匠を記載した書面を提示して警告することができます(意匠法60条の12)。

この警告をすることで、警告後から意匠権の設定登録までの間に、模倣者に対して、実施料相当額の補償金の支払を請求することができます。警告をするにあたっては、模倣者の特定、この者が、国際意匠登録出願に係る意匠又はこれに類似する意匠を業として実施していること等を確認します。

警告をしない場合であっても、国際公表された国際意匠登録出願に係る意匠であることを知りながら、業としてその意匠又はこれに類似する意匠を実施した者に対しては、補償金請求権を行使可能です。

補償金請求権の行使は設定登録後になります。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30

こんなご質問も寄せられています

おすすめサービス