特許出願を行うとその内容はすぐに知られてしまうのでしょうか?

質問テーマ:特許出願公開

【 質 問 】

「特許出願を行うと特許出願した発明の内容が同業他社に知られてしまう」と聞いたことがあります。特許出願を行うとその内容はすぐに世の中の人に知られてしまうのでしょうか?

【 回 答 】

<特許出願の内容は出願日から1年6カ月後に公開されます>
今回のお問い合わせは特許出願公開に関するものです。
特許庁は特許出願を受け付けると直ちに「受領書」を発行して特許出願番号と特許出願日を付与してくれます。
特許出願番号はカレンダーイヤーごとに1番から付与されます。例えば、特許庁が2018年に受け付けた最初の特許出願には「特願2018−1」、100番目に受け付けた特許出願には「特願2018−100」という特許出願番号がそれぞれ付与されます。特許庁が受け付ける特許出願の数は、現状、毎年32万件程度になります。

特許庁は特許出願を受け付けた後1年6月(=18カ月)経過するまではその内容を秘密にして保持します。誰による、いかなる内容の特許出願を受け付けたのか秘密にしてくれます。

同一の発明については一日でも先の特許出願に特許が与えられます(先願主義(センガンシュギ)特許法第39条)。特許出願を行うと特許出願人は「先願の地位」を獲得できます。もしも、その後に、だれかが、同一内容の発明について特許出願してきても、その後からの特許出願を「同一の発明について後から行われた特許出願ですので特許は認められません」としてもらえる地位です。

特許出願人は、例えば、「当社はこの製品に採用した新技術について特許出願し、特許庁から特許出願番号『特願2018−○○○』の付与を受けています。」と宣伝できます。このときに、同業他社が、特許庁のJ-PlatPatに特許出願番号「特願2018−○○○」を入力して検索しても出願日から1年6月経過するまではいかなる情報も取得できません。
一方、出願日から1年6月経過すると、特許庁は、1年6月前に受け付けた特許出願の内容(特許請求されている発明を説明している文章、必要図面、特許出願人・発明者の情報(住所・名称・氏名))を公表します。

この公表は、公開特許公報が発行され、また、インターネット上のJ-PlatPatに電子情報が掲載されることで行われます。この後は、特許出願番号を用いてだけでなく、特許出願人の名称(例えば、同業他社の会社名など)や、発明を説明する技術用語などをキーワードに用いて特許出願の内容を検索できるようになります。

結論

このように、「特許出願を行うとその内容はすぐに世の中の人に知られてしまう」わけではありません。出願日から1年6月経過すると特許出願の内容は世界中の人に知られるようになります。「特許出願公開」(特許法第64条)といいます。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30

                       

こんなご質問も寄せられています

おすすめサービス