開発した物品について特許権と意匠権との両方で保護できますか

できる場合があります。是非、ご相談ください。秘密厳守します。初回の相談料は無料で承ります。

保護の対象

新規で有用な技術的な考え方に係る創作である発明を特許権で保護するのが特許制度であるのに対し、
意匠制度では物品の外観、形態、見た目であるデザインに係る創作を保護します。
例えば、以下の場合があります。
特許出願した新しい技術が採用されている新製品を製造・販売することになった。この新製品の外観、形態、見た目が従来になかった新規で、創作性の高いものである。このようなときに、似ている外観、形態、見た目を有する後追い商品が市場に登場することを排除する目的で、当該新製品の外観、形態、見た目であるデザインについて特許庁へ意匠登録出願し、意匠権による保護を求めることになります。
意匠制度を特許制度と比較して説明すると次のようになります。

意匠の制度
意匠制度

出典:特許庁「理工系学生向けの知的財産権制度講座のための講義用資料」(その他の知的財産制度(2)実用新案、意匠)

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30

                       

こんなご質問も寄せられています

おすすめサービス