商標権の権利存続期間と更新と消滅について教えてください

商標権の権利存続期間

商標権の権利存続期間は商標権成立後10年間です。その後、10年間ずつ権利存続期間更新登録を繰り返すことで半永久的に商標権を存続させることが可能です。
登録商標が指定商品(役務)に長年にわたって使用されると、出所の表示、品質の保証などが図られ、登録商標を指定商品(役務)に長年にわたって使用し続けている商標権者の業務上の信用が確立されていきます。そこで、商標権者が使用し続けている商標であるならば、更新登録申請によって商標権を存続させた方が取引秩序の維持、取引者・消費者の利益を図る上で望ましいことから登録後10年経過するごとに権利存続期間を更新できるようにしているものです。
一方、長期にわたって一度も使用されていない商標には上述した業務上の信用が発生しません。このような登録商標は消滅させて、第三者が採用することを希望する商標選択の余地を広げた方が望ましいと考えられます。そこで、登録商標が指定商品(役務)に3年の間一度も使用されていないならば、何人も、特許庁へ「商標登録の取り消し」を求める審判請求を提出できます。これに対して、商標権者が、過去3年の間における使用事実を提出できなければ商標登録は取り消され、商標権が消滅することになっています。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:30

こんなご質問も寄せられています

おすすめサービス