よくあるご質問

国際公表後、設定登録前の我が国での意匠の模倣を何とかしたい

国際公表後、国際意匠登録出願に係る意匠を記載した書面を提示して警告することができます(意匠法60条の12)。 この警告をすることで、警告後から意匠権の設定登録までの間に、模倣者に対して、実施料相当額の … “国際公表後、設定登録前の我が国での意匠の模倣を何とかしたい” の続きを読む

自社販売物品に係る競合の実用新案登録を無効にできませんか?

その実用新案登録を無効にすることができる場合があります。 実用新案登録を無効にすることができる場合 その実用新案登録が次の7つのいずれかの場合に該当するときは、その実用新案登録を無効にすることについて … “自社販売物品に係る競合の実用新案登録を無効にできませんか?” の続きを読む

実用新案登録出願を、今から、特許出願に変更できませんか?

特許出願への変更は、一定要件のもと、認められています。 あなたの実用新案登録出願が現在、どのような状態なのか、すでに設定登録を受けているか(実用新案権の設定登録後の場合)否か(実用新案権の登録前の場合 … “実用新案登録出願を、今から、特許出願に変更できませんか?” の続きを読む