日本の「無印良品」が中国商標訴訟で中国企業に敗訴

中国における「無印良品」の商標使用をめぐり、日本の「良品計画」と中国の企業が争っていた裁判で、北京の裁判所は「良品計画」に賠償金などおよそ1,200万円の支払いを命じていたことがわかりました。

報道などによると、中国で「無印良品」の商標で商品を販売する中国企業が、日本で「無印良品」を展開する良品計画に対し、タオルや枕カバーなど一部の商品で商標を無断で使用されたと訴えていました。

日本側は「日本の漢字を使用していて、賠償責任はない」と主張していましたが、1審で中国側が勝訴。

そして、2審判決で北京の裁判所は、訴えの対象の商品について、中国企業が2001年に中国の漢字で「無印良品」の商標登録をしたと認定。中国側の商標の保有と日本側の無断使用を認めた形で、日本側に賠償金などおよそ1,200万円の支払いを命じたということです。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL : 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:00