世界の特許出願件数が過去最高の317万件、中国が4割超える

WIPO(世界知的所有権機関)は、2017年の特許出願件数が前年比5.8%増の316万8900件になったと発表しました。8年連続の増加で過去最高を更新。

特許出願の受け付け国・地域当局別件数をみると、1位は中国の138万1594件で、7年連続の首位。前年から14.2%増え、全体の43.6%を占めました。2位は米国の60万6956件(前年比0.2%増)、3位は日本の31万8479件(同0.03%増)で、いずれも微増。

4位は韓国の20万4775件(同1.9%減)、5位は欧州特許庁(EPO)の16万6585件(同4.5%増)。上位5位の全体に占める割合は84.5%。

WIPOが2018年3月に発表した国際特許の出願件数では、中国が日本を初めて抜き、米国に次ぐ2位となりました。中国での出願は、電子機器やコンピューター技術、デジタル情報通信の分野が目立っており、情報通信などのハイテク産業を育成するため、知的財産権の保護を積極的に進める姿勢を改めて裏付けた形です。

企業による国際特許出願件数でも、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)、中興通訊(ZTE)をはじめとしたハイテク企業が大幅に出願を増やしています。

一方、トランプ米政権は、中国が技術移転を強要するなど、知的財産権を侵害していると批判、米中貿易摩擦の要因の一つとなっています。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!

TEL : 052-325-8429
営業時間 平日 9:00〜17:00